南海難波駅「なんばガレリア」に国内の駅設置としては最大級のデジタルサイネージ「NAMBA GALLERIA TWIN VISION」が登場!

 th_001_201703302251161ab.jpg

南海電気鉄道株式会社とパナソニックグループ(パナソニック株式会社、パナソニック システムネットワークス株式会社)は、南海難波駅「なんばガレリア」に、国内の駅設置としては最大級(約400イン チ相当のマルチディスプレイ2基)の大型デジタルサイネージ「NAMBA GALLERIA TWIN VISION」(なんばガレリアツインビジョン、以下「NGTV」)」を設置し、2017年4月3日(月)から一般広告やPR動画などの放映を開始すると発表しました!


また、放映開始前の3月31日(金)に点灯式を開催、NGTVを活用した新たなプロモーション展開を提案するとの事です。 南海電鉄の「なんばガレリア」というロケーションと、パナソニックグループの「技術」 を合わせた「NGTV」を、ミナミの新しい「顔」、新しい「ランドマーク」として、新たなプロモーション展開をご提案し、なんばエリアの活性化を目指すとしています



【出典元】
ミナミの新ランドマーク 国内最⼤級※1デジタルサイネージ「NAMBA GALLERIA TWIN VISION」(PDF)










th_002_20170330225115da7.jpg



NAMBA GALLERIA TWIN VISIONの設置場所です。頭端式ホームから地下鉄御堂筋線方面に繋がる吹き抜け空間のまさに超一等地に400インチ相当✕2面の巨大スクリーンが登場します!









th_IMG_1562.jpg


大きさの比較対象に丁度いいのが、こちらの阪急梅田駅1階中央コンコースに設置されている巨大デジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』。こちらは300インチ✕2面の600インチ相当の大きさです。これでも相当の大きさですが、NAMBA GALLERIA TWIN VISIONはこれを大きく上回る400インチ✕2面の800インチ相当となります。















th_IMG_1351.jpg

割りと最近稼働を始めた「阪急梅田エントランスビジョン」は約275インチ✕1面。ただしLEDディスプレイで繋ぎ目のない1枚モノの巨大スクリーンで視認性は最高です。「NAMBA GALLERIA TWIN VISION」は完成イメージパースから見て狭縁の液晶サイネージモニタをズラリと並べ組み合わあせたマルチスクリーン型の大型モニタだと思われます。


















th_IMG_0481_20170330225114c17.jpg



南海難波駅「なんばガレリア」登場する、国内の駅設置としては最大級のデジタルサイネージ「NAMBA GALLERIA TWIN VISION」。海外から押し寄せる観光客の表玄関として国際的な駅に大変貌を遂げた南海難波駅はまさに最高のロケーション。稼働を始めたと後に取材に行きたいとい思いました。
関連記事
[ 2017/03/31 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

いいですねえ( ◠‿◠ )

南海難波駅…国際都市大阪の玄関口としての体裁が整いつつあり、うれしい限りで(^_^)
[ 2017/03/31 12:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4196-b6a752aa